06/25のツイートまとめ

tyuusyo

こういうパワハラ問題の困ったところは、マスコミが自殺しないと大々的に取り上げないこと。なんというかねえ、感動ポルノのネタでしかないんですよ。彼らは自殺者の死骸に取りすがって号泣する遺族に「可哀想!」って叫ぶだけ。これは小林麻央さん… https://t.co/mvGRe30MYl
06-25 22:40

実を言えばネット上のパヨクと左派の対立は昭和30年代から構図が変わっていない。有名な近江絹糸闘争の時も、「総評はすぐ米帝打倒を叫んでしまい、労働問題に関心がないから援助を断った」という同盟側の話が残っている。あの頃から「眼の前の問題よりイデオロギー闘争」という体質が変わらないのか
06-25 22:12

将棋はまだ人工知能に善戦した方で、囲碁は趙治勲がナントカ勝っただけ、チェスはもっと前に負けてるというところを見ると「人工知能っておっかねえな」とは思うよ。IT技術者なんか「人工知能に仕事取られる」って話をよく聞くもの #NHKスペシャル
06-25 21:02

「室町時代以前の天下は近畿、東海、中国、四国。」利益をどう定義づけるのか?天下の概念だって変化している? https://t.co/aHUqVjjQW9
06-25 20:56

家康はなんだかんだ言っても、先祖代々都と交渉が多い文明人だからね。戦国時代の人種意識は本当に謎だ。 https://t.co/AMRzGt3j2H
06-25 20:56

なお、荒夷(荒えびす)という言葉は『平安遺文』所収の「前陸奥守源頼俊申文」では「北海道のアイヌ」のことを指しているようだ。どうも当時の京都人の意識だと東北人はみんなアイヌみたいなイメージなんだろうか。 https://t.co/L1XTUj5Wts
06-25 20:51

藩翰譜を読むと「家康・伊達政宗→少し話はわかるけど東国人」「その家臣→常識が通じないオーク」だと豊臣家では思われてたみたいね。なにしろ「いやあ伊達は理非が通じない荒えびすですから」と家康が断言しているんだから。 https://t.co/TemJyceqSB
06-25 20:47

それを受けて伊達家臣が京都市中で暴れ始めると、町は大混乱に陥り、政宗に詰問が行った。政宗のセリフも「いやぁ私切腹しようとしてるんですけど家臣が『政宗は死ねよ、俺らマジで戦って斬死するわ』とか騒いじゃって…あいつら今度はどういう奇っ… https://t.co/7ikSsWxRiH
06-25 20:42

伊達政宗に騒ぎを起こすようにそそのかしたときの家康のセリフ「やぁ!お前らの主人は普段は人を虫けらとも思わず、暴言を吐き散らしバカを散々やっときながら、こういうときは普通の人より気が弱いのか?」(by藩翰譜
06-25 20:39

それを「お前は普段はドヤ顔で騒いでいてこういう時になると嘆き悲しむのかよ!騒げ…もっと騒げ」と、そそのかしている徳川家康もかなりイッちゃっている人だと思う https://t.co/tsEEmJSW9u
06-25 20:33

続きを読む»

スポンサーサイト

06/24のツイートまとめ

tyuusyo

なお、江戸の幕臣は「官僚政治」を「豪族の専制」だと訳していてな。なるほど元官僚って国人領主(国衆)みたいのが多いよ。なにかといえば「黙れ小童」みたいに相手を怒鳴ることでマウンティングを図ろうとするのな
06-24 23:35

江戸時代の幕臣が「デモクラシー」を訳した時「有徳の君子を選んでその人に政治を任せること」と書いているんだよな。金をもらって国会で騒ぐ人を「有徳の君子」なんだろうかと思うよ。 https://t.co/bmfxkFHu1V
06-24 23:32

神道は政治だよね。なにしろ律令制では神祇の官職があった。近代では内務省神社局となり、それが戦後になって神社本庁になった(組織ごと天下った)わけだから。 https://t.co/o2Bdmrimtz
06-24 23:28

NHKの7月の新ドラマ「悦ちゃん」のキャストが真田丸過ぎてオレ大歓喜。できの悪い弟を心配する大蔵卿局、酒好きで頑固な性格の典型的な江戸っ子の黙れ小童氏、ヒット作曲家の毛利勝永。どうも明石全登の魔界転生術が変なふうになっているようにしか思えん #真田丸
06-24 22:39

ゼロ年代のインターネットで得た膨大な知識の中に「中国では異様なまでに漢籍データベースがグイグイ出来ていくのに日本は何故弱いのだ」というものがあった。あの頃既に中国は文献電子検索の分野では日本を完全に凌駕していた。
06-24 22:26

『顧頡剛口述 中国史学入門』はすごくいい本だが、平泉澄の中国版的な「偉大なるわが祖国中国マジスゲエ」アピールが時々入ってくるのは、あの時代の人だからとしてもちょっとウザさがある。まあ、文革期だしな
06-24 22:22

顧頡剛氏、確か『顧頡剛口述 中国史学入門』だと反満洲国のプロバガンダキャンペーンもやってたりして、割りとガチなナショナリスト(あの頃の人はそういう人多い)だったみたい。 https://t.co/o0Ynv3jVEQ
06-24 22:19

「ゼロ年代のインターネット」で僕にとって衝撃だったのは「歴史の話はこれまで親や先生としか出来なかったのに、ここではみんな専門的なことを話していてスゴイ」ということ。僕はあの頃本気で学者を目指していた。もっともその道を貫いた佐藤信弥先生は改めてすごい人だと思うのだが。
06-24 22:17

神様スティーブ・ジョブスは死んだ。悪魔は去った。わが感激の泉とくに枯れた。太古より巣食いし、狂える地虫の嬌声も、今は、はるか郷愁の彼方へ消え去り、盛衰の於母影をただ君の切々たる胸中に残すのみ。神も悪魔も降り立たぬ、荒野のネット世界… https://t.co/ffgzLwTeHk
06-24 22:10

今もう「ハル」「電車男」みたいな、清純なネット恋愛ストーリーはかけないよね。今のネットは政治対立がものすごく、ちょっとでも何か言おうもんなら糾弾闘争に巻き込まれる。恋が生まれるどころではないと思う。 https://t.co/oTcoO41lhG
06-24 22:07

続きを読む»

06/20のツイートまとめ

tyuusyo

そういえば、リアルで藤沢周平を読んでいる女子とか会ったことがないよな
06-20 22:45

す、すごい。(将棋の藤井四段を生で見たような感じ) https://t.co/e201C6nFNA
06-20 22:44

すごい。 https://t.co/BaJffjOZAi
06-20 22:32

茶漬けだの冷やし中華だのの話題が出るようになると夏が近いなぁと思いますね。あとは青春18きっぷと東日本パス
06-20 22:18

そういえばゼロ年代まで司馬遼太郎を読む女子って相当珍しかったような。『功名が辻』が大河になった時に初めて司馬遼太郎を読む女子が雑誌などで取り上げられたと思います https://t.co/EbsRxSRQdw
06-20 21:52

06/19のツイートまとめ

tyuusyo

そういえば司馬遼太郎も結構際どいシーンが有るんだよな。井上靖も結構やばかったような気がします。ラノベのイラスト程度でワーワー言う人は小説は読めないのでは>RT
06-19 23:06

そういえば新聞労連(産経だけは別でUAゼンセン)は共産党系の全労連と一緒にやってたりするんで、マスコミの横並び報道って労組の思想が相当強いと思いますよ。 https://t.co/DrR2oX9XfU
06-19 23:05

放送の現場にいると、そういう現場のプロデューサーって色んな会社の人が居て、どこの制作会社か一々確認する必要があったりする。むしろ、あそこまで色んな会社の人がなんで判に押したように横並びの報道になるのかが怖いと思いますよ。民放労連と… https://t.co/OzyaF8qWuJ
06-19 22:54

「泉放送制作」が全部の民放ニュースを作っているという情報が流れてるけど、民放のニュース現場っていろんな会社の非正規雇用ばかりだから「泉放送制作」も派遣会社の一社みたいなものでそこまで力があるのかっていやあ、そうでもないけどな
06-19 22:50

むかしは五大省庁とか大蔵省最強とか有りましたけどね。財務省も相当弱くなっちゃったからね。昔なら消費増税が潰されるなんてことはないですよ。大蔵官僚といえば官僚中の官僚だったわけで、一番おっかない所だった https://t.co/ZMbZTK5ENW
06-19 22:18

日本の霞が関の力関係から言うとですね、まず内閣・首相官邸が一番強いんすよ。これはもう圧倒的に強い。次が経済官庁で、下手をすると内閣をしのぐ。で残りがその他。文部科学省?うーん、まあ、お察しというか、なんというか。防衛省は独特の強さがもちろん有りますけどね
06-19 22:15

だから簡単に崩れてしまったのか…宣教師の記録だと明石全登だけ奮戦していたらしいが(これは白峰旬先生の論文の受け売り https://t.co/mPGiQzrSj2
06-19 22:04

なお、徳川好敏氏のライバルだったのが滋野清武という人なんだけど、この方もしかして真田一族なんだろうか。20世紀にもなって徳川と真田が争っているとはすごいね。内野聖陽と草刈正雄にぜひ演じてもらいたいくらいだ https://t.co/gNfe3v8vOY
06-19 21:49

田安徳川、一橋徳川はなんだかんだ言って存在感があるが、清水徳川家ってどうして影が薄いんだろうね。清水家出身の徳川好敏氏が日本で初めて飛行機により空を飛んだという話はありますけど
06-19 21:46

スゴイと思いますね。私が70になった時に出来るかって言えば、そこまで精神が若くないんじゃないかと… https://t.co/Gt5vjGWd1U
06-19 21:37

06/18のツイートまとめ

tyuusyo

なお、日本初の野球チームは田安徳川家が作った『徳川ヘラクレス』と新橋鉄道局の『新橋アスレチック倶楽部』だそうです。えっ、だとするとヤクルトは日本最古の野球チームの流れをくむのか… https://t.co/nBFXGrsf0k
06-18 21:11

野球で考えても日米野球は1896(明治29)年5月23日が第一回開催とされており、実はNPBより日本代表のほうが古いくらい。この歳に第一回オリンピックもあったがこの当時は万博のおまけアトラクション扱いでパッとしない。やはり野球とかサッカーとかの方しか残らないのかなあ
06-18 20:56

なお、「貝原益軒が言ってるから問鉄砲はあったのだろう」と言っているのが東日流外三郡誌がらみで出て来る笠谷和比古氏らしいというのもアレですなあ(貝原益軒が元ネタにした『江源武鑑』は超有名な偽書) https://t.co/H9N281WMeE
06-18 19:56

なお、貝原益軒(キュゥべえ)と対立する見解を述べている新井白石(天爵堂)はラノベ「異世界から帰ったら江戸なのである」にも登場していますが、ツチノコや猫又について調べたりもしていたりしますので、UMA対妖怪ハンターみたいな話ができる… https://t.co/lpuSBWHvGr
06-18 19:53

ちなみに貝原益軒(貝原久兵衛)の書いた黒田家譜は当時から信頼できない書とされていたらしく、『藩翰譜』『寛政重修諸家譜』など幕府系の史書では益軒の主張する黒田家前史を認めていないという。https://t.co/0KOx53Lm7j https://t.co/P67Ogchy4S
06-18 19:47

貝原キュゥべえ「騙した?人聞きが悪いなぁ。僕は、僕と契約して福岡藩祖になった黒田如水公や黒田長政公のことを美化して書いているだけなんだよ。わけがわからないよ。どうして人間はそんなに史実にこだわるんだい?」 https://t.co/eirjhPEPNO
06-18 19:34

関ヶ原合戦の「小早川秀秋への問い鉄砲」「なかなか寝返らない小早川秀秋」という話を始めに言いだしたのは「貝原キュゥべえ(久兵衛)こと貝原益軒」らしいので、結局「みんなキュゥべえに騙されてる~っ」「わからんアニメネタ持ち込むなぁー」と… https://t.co/L5UWdXzF4q
06-18 19:25

田沼意次の改革政治を潰したのが守旧派の松平定信とそれを支持していた江戸城内の守旧派及び当時の草双紙屋だという史実を踏まえれば、結局同じことを繰り返しているだけのようにも思えますな… https://t.co/P9tPrSN891
06-18 19:21

そういえば、矢田挿雲の『江戸から東京へ』は将門公顕彰運動で鳴らした歴史学者・織田完之の業績を特筆しているが、正直、明治時代の織田完之の将門研究がなければ将門公はもっと埋もれていたと思う。
06-18 16:31

平将門を関東の武士がひとしく神として崇めていたのなら、将門を討った藤原秀郷系の武士団がなんであんなにあるんでしょうね。佐野家とか、小山家・結城家とか、田沼家とか全部藤原秀郷系で、北関東の武士団は秀郷流が非常に多いんですよ
06-18 16:22

続きを読む»

プロフィール

松平俊介

Author:松平俊介
松平俊介(まつだいら・しゅんすけ)
雑誌ライターやwebディレクターをしております。webデザインからwebマーケティング、ライターまで何でもやっております。これまでに色々なプロモーションを手がけて参りました。過去には週刊SPA!等に関わっておりましたが、現在は「連載JP」(東京産業新聞社)や、neverまとめ(NHNジャパン)を中心に執筆しております。
趣味は街歩きと歴史研究です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR