信長の野望・天翔記の最強武将・鍋島直茂

昨日、レトロゲーム「信長の野望・天翔記」をやっていた。

コーエー定番シリーズ ツインキャンペーン 信長の野望・将星録&信長の野望・天翔記withパワーアップキットコーエー定番シリーズ ツインキャンペーン 信長の野望・将星録&信長の野望・天翔記withパワーアップキット
(2005/09/29)
Windows

商品詳細を見る


このゲームの最強武将は鍋島の殿、鍋島直茂みたいである。

なんかイキナリ大砲で鍋島にうち(プレイ大名はちなみに上杉景勝)の武将が3人ほど瞬時に射殺されたんですけど…物理で殴るの合わせたら10名ほど鍋島に殺されたわ…「死ぬことと見つけたり」ホントヤバイ。マジでやめて。ホント。隆慶一郎基準で一番強そうなのが鍋島直茂というのは妙に納得は行くけどなあ。生命力が他の武将より圧倒的にありそうだし。小説は未完だしな…


死ぬことと見つけたり(上)死ぬことと見つけたり(上)
(2013/07/12)
隆慶一郎

商品詳細を見る


ちなみに、「死ぬことと見つけたり」は小説としてほんとうに面白いです。
あと、皆んな勘違いしているけど、この小説に出てくる殿様は「鍋島勝茂」(鍋島藩二代藩主)であって「鍋島直茂」(鍋島藩初代藩主)ではない。

初代藩主は先輩の作家・中西豪氏が本を書いているのでこっちを読んでねー


史伝 鍋島直茂―「葉隠」の名将 (学研M文庫)史伝 鍋島直茂―「葉隠」の名将 (学研M文庫)
(2002/07)
中西 豪

商品詳細を見る
スポンサーサイト

11/08のツイートまとめ

matu2syun

列子には「西方の聖人」としてブッダが出てきてしまうらしく、「シナ戦国時代の思想家がなんでインドのブッダの話をするんだ」「前漢の劉向の時でもあり得ん」と清の考証学者からフルボッコにされている
11-08 23:43

@nonomaru116 列子、改めて読んでみても文体が先秦ぽくないんですよねえ…「列子は魏・晉間の人の偽書なり,莊子・管子等と共に論ずべからず」という古今偽書考の主張はなんとなく得心が行くなあ…

白川静氏は「道家の孔子叩きネタは多分儒家をわかってない奴が適当にでっちあげたんだろう」「当時の状況からしておかしい」と批判しているんだよな(中公文庫『孔子伝』)
11-08 23:30

列子天瑞編を根拠に孔子をデスるってのは、日刊ゲンダイの「安倍なんかクソですよ」みたいな報道をまるっと信じこむみたいなもんです。道家は儒家のカウンターとして成立した思想集団だから、ありもしない孔子罵倒ネタを量産しているわけです。列子そのものに偽書説があるしなあ。
11-08 23:29

RT @otoufu_material: 潮ダイアリー 11月4日( ´・◡・`) http://t.co/pNo3yBW9Wh
11-08 23:25

RT @breathingpower: “余った数億円の国家予算はどこへ行ったのか、いまだに不明である。”EM菌の守護神・出口俊一氏に、こんな疑惑があったのですね。ぜひ解明して頂きたい。 #EM菌 / “「ベンチャー起業支援」出口俊一氏と「消えた国策プロジェクト・池田信…” h…
11-08 22:23

【東京都・新高野山大安楽寺・延命地蔵菩薩坐像】小伝馬町牢屋敷の跡の寺院。処刑された吉田松陰らの慰霊のために立てられた地蔵尊。本尊は江戸三十三箇所札所の十一面観音像 #仏像部 http://t.co/h9duEUj65E
11-08 21:55

続きを読む»

プロフィール

松平俊介

Author:松平俊介
松平俊介(まつだいら・しゅんすけ)
雑誌ライターやwebディレクターをしております。webデザインからwebマーケティング、ライターまで何でもやっております。これまでに色々なプロモーションを手がけて参りました。過去には週刊SPA!等に関わっておりましたが、現在は「連載JP」(東京産業新聞社)や、neverまとめ(NHNジャパン)を中心に執筆しております。
趣味は街歩きと歴史研究です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR