11/10のツイートまとめ

matu2syun

RT @akira090802: 唐太宗李世民の一番格好いいと思うエピソードは、尉遅敬徳と二人で偵察に出て数千の大軍に遭遇したとき、尉遅敬徳が槍で李世民が弓で連携し、敵中を突破して「われが弓矢をとり、公が槍をとって従えば、百万の大軍といえども我らを阻むことはできぬ」とか言い放っ…
11-10 23:01

@nonomaru116 あの量を明治大正期の人がバンバン食べていたのも驚きますねw
11-10 23:00

RT @nekonoizumi: 新潮文庫11月。「川崎の農家で著者が目にした一枚の護符。描かれた「オイヌさま」の正体とは何か。…都会に今もひっそりと息づく山岳信仰の神秘の世界に触れる名著。」⇒小倉美惠子『オオカミの護符』http://t.co/d3np0UYUD2
11-10 22:59

@nonomaru116 あ、壬生がやってたんですか。それは知りませんでした。勉強になります。
11-10 22:58

俺、つくづく定食屋の「やよい軒」「半田屋」は偉大だと思うんだよ。江戸時代の東北の農村では米なんかあんなにバンバン食えてないですよ、多分。江戸時代の農民を「やよい軒」に連れて行ったら極楽浄土だと思うのではないか
11-10 22:54

番長が元々律令制の官職で、多賀城から番長のことなどを書いた木簡が出土していることを知る人は少ない。
11-10 22:49

RT @ven12665: 昔、今のようにメジャーではなかった蛭子能収は、杉作J太郎(まだ獣太郎の時代)をとても慕っていて、「獣太郎さん、オレ、好きになっちゃいそう」と頬を赤らめていたという。
11-10 22:42

RT @ven12665: うわ!今NHK-FMで三橋美智也の「東村山音頭」オリジナル・バージョンが流れていて、「8時ダヨ!」世代としてはゾワゾワ鳥肌が立っている。そうか!志村けん版は俺ジナルなカバーだったのか!
11-10 22:42

RT @ven12665: 戦後になっても、日本の地方には明治どころか、江戸時代の名残をとどめる暮らしや意識や価値観を残す人々が多く、そういう「近代化にノレない」人々の疎外感を癒したのが、「戦後も講談調の古色蒼然たる作風」を残していた新東宝の映画である、と読んだことがある。
11-10 22:42

RT @ven12665: 先日、同じ年の日本映画「信子」を観たら、舞台は東京で、明治時代と変わらぬような(電話や電話はあるが)芸者の置屋が出てきた。そんなに豪華な映画でもない「夜のドライブ」と比べると、日本って途上国だったんだなぁと哀しくなる。
11-10 22:40

続きを読む»

スポンサーサイト
プロフィール

松平俊介

Author:松平俊介
松平俊介(まつだいら・しゅんすけ)
雑誌ライターやwebディレクターをしております。webデザインからwebマーケティング、ライターまで何でもやっております。これまでに色々なプロモーションを手がけて参りました。過去には週刊SPA!等に関わっておりましたが、現在は「連載JP」(東京産業新聞社)や、neverまとめ(NHNジャパン)を中心に執筆しております。
趣味は街歩きと歴史研究です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR