03/20のツイートまとめ

tyuusyo

なんて純情な人なんだ https://t.co/cXEIhsVCAm
03-20 22:14

うーん、この記事はダメだね、そもそも石原都政の支持率はかなり高かった。フィナンシャル・タイムズも随分珍妙な記事を書くものだ。結局日本人をバカにして、朝日新聞あたりを斜め読みしてこたつ記事を書くとこうなるのだろうね https://t.co/HnWeiUpCpX
03-20 22:12

面白い記事だ。それとともに広報担当者は必見である。宅配危機の裏側 ? ヤマト運輸の見事な“小池流”情報戦 https://t.co/hfANiIBojo
03-20 22:03

『武家勧懲記』の真田昌幸の高い評価、多分、藤田東湖「正気の歌」でも絶賛されていた武田家滅亡時の小宮山友晴の高評価とも連動しているんじゃないか。どうも江戸時代は武田=武士道の精華なんじゃないか。そして、その武田で一人孤塁を守った真田昌幸は山本宣治のようにすごい、みたいなものなのか
03-20 21:01

「表裏比興の者」「勇猛徹気の義士」という相反する評価が普通に出てくる真田昌幸ってやっぱりスゴイというかなんというか…
03-20 20:40

八切止夫氏の場合、デビュー当時は結構史料を見ていたフシがあるのだが、晩年になると明らかに記憶頼みで史料を読んでいないだろう発言が多くなる傾向がある。昔の人だからしょうがない。海音寺潮五郎氏も「独眼竜は唐の昭宗のこと」とか勘違いした発言をしていた。(正しくは後唐の太祖)
03-20 19:34

ここに出てくる「戦国時代の強い女性の話」、これ八切止夫ネタじゃないだろうか。文体が八切だと思う。なお、『史籍雑纂』所収の『本多平八郎聞書』には当該部分がない模様。 https://t.co/DlTA1z2o34
03-20 19:26

国立国会図書館デジタルコレクション、異端の歴史作家・八切止夫のたね本の一つだった『史籍雑纂』が普通に読めてしまうのな。例の「家光の母親は春日局」も巻2に収める「松のさかへ」にある。(画像参照) https://t.co/VZn3xAlusP
03-20 19:15

それから柳生左門に尻一つで13万石、ってのは誇大にされてるかもね。なにしろ13万石って、譜代の石高としては異常なものなんですよ。天和の治を仕切った大老格・柳沢吉保が15万石(しかも彼の場合は武田家の末裔というポイントもあり、武田末裔の武田信吉も除封前は15万石なので実質再封)
03-20 18:24

まあ、面白コンテンツ的な話なんで別にマジレスも何ですけどね、家光の頃は幕府政治の制度がほとんど整っていない上に、家光が病身でしょっちゅう寝込んでいるので、恋愛どころではなかったんじゃないかと「「大奥」のイメージと実情について」https://t.co/gICaiRC3vk
03-20 18:08

続きを読む»

スポンサーサイト
プロフィール

松平俊介

Author:松平俊介
松平俊介(まつだいら・しゅんすけ)
雑誌ライターやwebディレクターをしております。webデザインからwebマーケティング、ライターまで何でもやっております。これまでに色々なプロモーションを手がけて参りました。過去には週刊SPA!等に関わっておりましたが、現在は「連載JP」(東京産業新聞社)や、neverまとめ(NHNジャパン)を中心に執筆しております。
趣味は街歩きと歴史研究です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR