tyuusyo

右派の人が「遣唐使が持って帰ってきた貴重な本をムキー」というのは『群書治要』の件でしょう。確かにこれは中国ではなくなっています。でも加藤隆則さんによると「1990年代、皇室関係者が『群書治要』の写しを、元駐日大使の符浩氏にプレゼントした」そうで、随分前に中国に渡ってますな
07-02 23:56

しかも史記評林もあげたのが明治時代の俗本だしねえ。史記評林だってそれなりに版本はありまして、戸川芳郎先生の研究によると、どうも永青文庫の細川のおっさんがあげたやつは重刊本を更に明治時代に刷り直したやつで、これの元ネタの善本は中国にあるようです。
07-02 23:38

「明万历时期凌稚隆搜录万历六年(1578)以前历代研究《汉书》的优秀成果,撰成《汉书评林》。它不仅汇集了历代研究《汉书》的精粹,且其间亦蕴含着凌氏的真知灼见,非明代其它摘抄、评点本可比。此书为后世研究《汉书》在内容、体例和版本等方面提供有益的借鉴。」だとさ(爆笑
07-02 23:27

コンビニ本みたいなものをあげちゃったわけで、それをありがたく押しいただいている中国人もどういうつもりなのやら。史記評林に至っては四庫全書総目提要に出てこないというひどさ、まぁどこまでも呆れた代物ですよ
07-02 23:26

十八史略を四庫全書総目提要では「其書鈔節史文,簡略殊甚。卷前冠以歌括,尤為弇陋。蓋鄉塾課蒙之本」(まあいい加減なダイジェストのコンビニ本で、早覚え歌が乗っているなどまったくそこなしにバカバカしい。こりゃーど田舎の塾がガキどもに読ませるような本だなあ)とエグエグにけなしている
07-02 23:24

左派系の連中が「永青文庫の貴重書を渡した」と言った右翼を殴ってるけどさ、あいつらも十八史略や史記評林という、漢籍として認められない寺子屋レベルの馬鹿な本を上げたことに気づかないでいるんだから、オアイコです。四庫全書総目提要をちゃんと読んだことがないのだね。
07-02 23:19

「将细川家族数代人收藏的36部4175册珍贵汉籍无偿赠予中国国家图书馆」とか十八史略や史記評林、四部叢刊のどこが珍貴なんだ。幸田露伴が「十八史略なんて俺がガキの頃に焼き芋を食いながら読んだ本だぞ」と娘に言った話がありますけどね
07-02 23:11

後ろの方に「制度通十三卷(日本)伊藤長胤撰 日本寛政八年(1796)刻本」と書いてあるのもおかしいですね。多分、記者が説明資料を丸写ししたんだろうなー
07-02 23:09

https://t.co/HGVeJd66kKこれを書いているあっちの記者も史記評林と漢書評林が俗書だということを知らないようでまぁよかったね。しかし佩文韻府とか皇清経解とかよくもまあソコラヘンの本をあげるよな
07-02 23:06

恥ずかしいなあ。十八史略の明治時代の鉛印本だの、俗書として名高い史記評林だの、ちゃんとした文人が見たら「倭人の細川という男は寺子屋の師匠か何かか?」と呆れるレベルです。
07-02 23:02

続きを読む»

スポンサーサイト
プロフィール

松平俊介

Author:松平俊介
松平俊介(まつだいら・しゅんすけ)
雑誌ライターやwebディレクターをしております。webデザインからwebマーケティング、ライターまで何でもやっております。これまでに色々なプロモーションを手がけて参りました。過去には週刊SPA!等に関わっておりましたが、現在は「連載JP」(東京産業新聞社)や、neverまとめ(NHNジャパン)を中心に執筆しております。
趣味は街歩きと歴史研究です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR