元史がひどすぎる!思わず吉牛コピペを思い出しちゃったよ

昨日、近所の神保町で小林高四郎訳の『元史』(明徳出版社・中国古典新書シリーズ)買ったんです。『元史』
チンギスハーン(元の太祖)に始まる中国元王朝について書かれた歴史書(正史)。二十四史の一。明王朝の編纂、編集責任者は宋濂(そうれん)らですね。
そしたらなんか文章がめちゃくちゃ下手くそで読んでいてつまんないんです。
で、よく見たらなんか小林先生が鬼のように注釈付けてて、「これについては「元朝秘史」が詳しい」「清朝考証学者は元朝秘史が正しく『元史』は誤っていると主張している」「『元史』は元朝秘史を簡略にしすぎてわけがわからなくなっている」、とか書いてあるんです。
清朝考証学の大家・銭大昕先生なんかブチ切れてて、「これは中国史上最悪の正史だ」とまでいってるわけです。
もうね、『元史』の編者宋濂は、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、野史、物語にすぎない「元朝秘史」に、中国様の文明の精華というべき正史がボロ負けしてどうするんですか、ボケが。
わけがわからなくなっている、史上最悪とか書かれて悔しくないのか、明王朝。
なんかスブタイ(スブタじゃないぞ)の列伝が2つもあるし。モンゴルの武将はクローン人間か。おめでてーな。
チンギスハーンの血沸き肉踊る活躍が砂を噛むようにつまらなくなってるの。もう見てらんない。
お前らな、恥ずかしいから正史の座から外れろと。
中国の正史ってのはな、もっと面白くなっているべきなんだよ。
お前は本当に歴史を編みたかったのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、元王朝が取っていた古文書をコピペしてルーチンワークでまとめただけで、暴君・朱元璋からやれっていわれたからやってただけって言いたいだけちゃうんかと。
とにかく面白く無いので素人にも玄人にも万人問わずお薦め出来ない。
まあ、普通の方は、井上のやっさん、じゃねえや、井上靖の『蒼き狼』とか読んでれば別にOKってこった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松平俊介

Author:松平俊介
松平俊介(まつだいら・しゅんすけ)
雑誌ライターやwebディレクターをしております。webデザインからwebマーケティング、ライターまで何でもやっております。これまでに色々なプロモーションを手がけて参りました。過去には週刊SPA!等に関わっておりましたが、現在は「連載JP」(東京産業新聞社)や、neverまとめ(NHNジャパン)を中心に執筆しております。
趣味は街歩きと歴史研究です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR