雑誌『密教講座』

11月3日まで行われた、神保町古本祭にて入手。

『密教講座』とは、真言宗系の阿含宗の出版社、平河出版社から昭和48年頃から
発刊された学術雑誌。ところが、ネット上には殆ど情報がない。

この頃、まじないの仏教として一般的に低く見られていた真言密教が見直され
はじめており、この雑誌もその一環として出版されたものだと思われるが、
普及はほとんどしなかったと思われる。なにしろ、この雑誌は束になって
ドカンと古本市の会場に置かれていたものを、とりあえず第一期6巻揃えのみ
買ってきたのだが、表紙はやや汚れているが中は新品同様で、
中から「進呈 平河出版」と書かれた短冊が出てきたぐらいだから。

内容はかなり専門的で、一般の読者むけに多少分かりやすく書かれた記事もあるが、
いかんせん真言密教そのものが専門家ではないと分からないところも多く、
「とりあえず千日ほど断食をし」などと恐ろしいことが平気で書いてあるので、
全く売れなかったのも無理はない。

編集同人は、大橋覚阿・金岡秀友・桐山靖雄・土口哲光・山下輝夫・宮坂宥勝(途中から抜ける?)の
六氏だが、宮坂氏の名前が途中から消える。編集後記にも記載がないので謎である。
桐山氏の寺院・金剛華寺(現在の阿含宗本山大菩提寺と同じものらしい、京都府山科区の山中?)の
スタッフが関わっているようなので、特定の宗派に偏するスタンスになりがちだったのだろうか?
内情はよくわからない。

主要連載と想われるのは、
金岡秀友『密教の教え』
佐保田鶴治『ヨーガの行法について』
塚本賢暁『十八道念誦次第 中院流』
坂内龍雄『真言陀羅尼』
桐山靖雄『弁顕密二教論講義』
村岡空『祖典鑑賞 三教指帰』
となっているが、現在発刊されている『大法輪』を二倍ぐらい難しくした内容である。
この中の、『十八道念誦次第 中院流』とか、金剛華寺のスタッフが書いている行法解説とかは、
学研の「ブックス エソテリカ」シリーズで、この内容を相当要約したというか、省略したものが
出ている。結構、この雑誌をタネ本にしているライターとかはいそうだよね。
手元の仏教関係の本を見ると、この雑誌を切り貼りしたようなものは結構あるようだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松平俊介

Author:松平俊介
松平俊介(まつだいら・しゅんすけ)
雑誌ライターやwebディレクターをしております。webデザインからwebマーケティング、ライターまで何でもやっております。これまでに色々なプロモーションを手がけて参りました。過去には週刊SPA!等に関わっておりましたが、現在は「連載JP」(東京産業新聞社)や、neverまとめ(NHNジャパン)を中心に執筆しております。
趣味は街歩きと歴史研究です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR