03/05のツイートまとめ

tyuusyo

さぁ、来週から「三州錯乱・遠州惣劇」ですな。家康にとってはボーナスステージ。#おんな城主直虎
03-05 21:49

奥平キュウべえ貞友「二郎三郎くん!僕と契約して、三河守護になってよ!どんな奇跡だって起こしてあげられるよ!」 #おんな城主直虎
03-05 21:40

亀姫「マル・マル・モリ・モリさあ歌いましょう!岡崎乗っ取りニッコリ笑顔、いちにのさんしで駿遠三、一円支配だね~。マル・マル・モリ・モリ大きくなるよ!みなさんしっかりまた明日!徳川に改姓だー」瀬名姫「まぁなんて歌を歌ってるの!バレルからやめなさいね!」#おんな城主直虎
03-05 21:00

「氏眞もとより座布団運びにして。 父が仇むくひん志もなく。たゞ平常のことく大喜利にのみ日を暮す。(中略)其後も出軍の事度々仰勸られしかども。氏眞落語色物にのみ耽りて何の心付もなし。」家康「これはこのままでは今川家と永禄三年落語心中になってしまう」
03-05 20:51

家康神格化を図っている『三河物語』だと、「氏真が家康の妻子を殺そうとしたので家康は今川の城を落として人質を取り、人質交換をした」とあるのだが、かなり怪しいんだよね #おんな城主直虎
03-05 20:45

この頃の今川氏真の動きを徳川実紀ではこう書いています。「氏眞もとより天資闇弱にして。 父が仇むくひん志もなく。たゞ平常のことく佛事作善にのみ日を暮す。(中略)上下離畔して國政も日 にそひて頽敗す。其後も出軍の事度々仰勸られしかども。氏眞酒宴亂舞にのみ耽りて何の心付もなし。」
03-05 20:36

「(家康が帰還したので)岡崎の國中、士民悅ぶ事かぎりなし。」ということで、次郎三郎くんとこの頃どこに居たかわからない信康と亀姫の映像を貼っておきます。#おんな城主直虎 https://t.co/vU0aRKhEGE
03-05 20:29

なお、最近の研究では、家康は義元討ち死に後直ぐに織田に付いてしまった模様。菜々緒ちゃん・三郎信康・亀姫の「マルモのおきて」な皆さんは駿府に人質になっていたのが旧説だが、どうなんでしょうね。すぐ寝返ったのなら、みんな岡崎に居たのか? #おんな城主直虎
03-05 20:23

なお、『徳川実紀』ではこの桶狭間合戦を以下のように記す。「信長暴雨に乘じ急に今川が陣を襲ひけるにぞ。義元あえなくうたれしかば。今川方大に狼狽し前 後に度を失ひ逃かへる。君はいさゝかもあはて給はず。」#おんな城主直虎
03-05 20:16

【悲報】強大な春風亭昇太、ナレ死。うん、でも良いんだ!私の脳内では毛利新助良勝(林家たい平)・服部小平太(林家三平)に「笑点の積年の恨み覚えたか!」と襲われ、凄まじいチャンバラの末に戦死を遂げた昇太の勇姿がはっきりと感じられたよ! #おんな城主直虎
03-05 20:14

以前から指摘されていた問題ですね https://t.co/dLDpl5EPmC
03-05 12:55

斎藤道三二人説ってかなり古くからあり、長井新左衛門(利隆か)も『江濃記』で「山城西岡の浪人出身で美濃斎藤で出世した人物」として既に登場している。そしてそれが「六角承禎条書写」の発見で「これは二人だったんだな」とほぼ確定
03-05 12:37

水戸学の創始者である徳川光圀の動画を、正直「今の」TBSには撮ってほしくないなあ。大岡越前同様に他の放送局への移籍を望む。昔のTBS(オウム事件以前)は良かったなぁ https://t.co/AXd1o8eWVS
03-05 12:03

篠塚伊賀の娘は古典における数少ない怪力戦闘美少女なので、浮世絵などで多用される。なにしろ宮中のお姫様にして怪力という強キャラ。おまけに幽霊も説得してしまうほどの知能も有るというスーパーヒロイン。 https://t.co/ki40RG5jrg
03-05 11:22

「戦前? 旧字体でしょ、と。本当はそんなに簡単なものじゃありません。そもそも「旧字体」として括れる明々白々とした単一の集合はないのです。」https://t.co/Dns8bE91lA
03-05 11:18

徳島文理大の八幡和郎教授も「教育勅語を今の世の中に杓子定規にあてはめてもあかん」とは言っておられた。ちなみに八幡教授は蓮舫二重国籍スクープで知られる保守派の政治学者。 https://t.co/kvvkP7FI1A
03-05 10:29

ありがとうございます。蘇峰の『近世日本国民史』は国立国会図書館デジタルコレクションで読めますね。「「最近の歴史漫画は、けっこう最近の歴史研究の成果を取り入れている」という話」https://t.co/lPdGnohyDs
03-05 09:44

今雑誌連載中の『風雲児たち幕末編』だと島津久光の再評価がかなり反映された描写になっている。原哲夫のマンガ『直江兼続』でも藤木久志説が結構取り入れられていたし、歴史漫画のほうが一般向けの歴史小説より勉強している印象を受ける。これについてアニメ制作者に聞いたことが有る(続く
03-05 00:52

安政の大獄に反対した幕臣の木村敬蔵勝敬みたいな人が、行政や東芝にいればなあ。左遷を恐れず真っ直ぐに正しいことを言う。こんな人がいれば東芝もあんな風にならなかったかもなあ……
03-05 00:39

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松平俊介

Author:松平俊介
松平俊介(まつだいら・しゅんすけ)
雑誌ライターやwebディレクターをしております。webデザインからwebマーケティング、ライターまで何でもやっております。これまでに色々なプロモーションを手がけて参りました。過去には週刊SPA!等に関わっておりましたが、現在は「連載JP」(東京産業新聞社)や、neverまとめ(NHNジャパン)を中心に執筆しております。
趣味は街歩きと歴史研究です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR