06/18のツイートまとめ

tyuusyo

なお、日本初の野球チームは田安徳川家が作った『徳川ヘラクレス』と新橋鉄道局の『新橋アスレチック倶楽部』だそうです。えっ、だとするとヤクルトは日本最古の野球チームの流れをくむのか… https://t.co/nBFXGrsf0k
06-18 21:11

野球で考えても日米野球は1896(明治29)年5月23日が第一回開催とされており、実はNPBより日本代表のほうが古いくらい。この歳に第一回オリンピックもあったがこの当時は万博のおまけアトラクション扱いでパッとしない。やはり野球とかサッカーとかの方しか残らないのかなあ
06-18 20:56

なお、「貝原益軒が言ってるから問鉄砲はあったのだろう」と言っているのが東日流外三郡誌がらみで出て来る笠谷和比古氏らしいというのもアレですなあ(貝原益軒が元ネタにした『江源武鑑』は超有名な偽書) https://t.co/H9N281WMeE
06-18 19:56

なお、貝原益軒(キュゥべえ)と対立する見解を述べている新井白石(天爵堂)はラノベ「異世界から帰ったら江戸なのである」にも登場していますが、ツチノコや猫又について調べたりもしていたりしますので、UMA対妖怪ハンターみたいな話ができる… https://t.co/lpuSBWHvGr
06-18 19:53

ちなみに貝原益軒(貝原久兵衛)の書いた黒田家譜は当時から信頼できない書とされていたらしく、『藩翰譜』『寛政重修諸家譜』など幕府系の史書では益軒の主張する黒田家前史を認めていないという。https://t.co/0KOx53Lm7j https://t.co/P67Ogchy4S
06-18 19:47

貝原キュゥべえ「騙した?人聞きが悪いなぁ。僕は、僕と契約して福岡藩祖になった黒田如水公や黒田長政公のことを美化して書いているだけなんだよ。わけがわからないよ。どうして人間はそんなに史実にこだわるんだい?」 https://t.co/eirjhPEPNO
06-18 19:34

関ヶ原合戦の「小早川秀秋への問い鉄砲」「なかなか寝返らない小早川秀秋」という話を始めに言いだしたのは「貝原キュゥべえ(久兵衛)こと貝原益軒」らしいので、結局「みんなキュゥべえに騙されてる~っ」「わからんアニメネタ持ち込むなぁー」と… https://t.co/L5UWdXzF4q
06-18 19:25

田沼意次の改革政治を潰したのが守旧派の松平定信とそれを支持していた江戸城内の守旧派及び当時の草双紙屋だという史実を踏まえれば、結局同じことを繰り返しているだけのようにも思えますな… https://t.co/P9tPrSN891
06-18 19:21

そういえば、矢田挿雲の『江戸から東京へ』は将門公顕彰運動で鳴らした歴史学者・織田完之の業績を特筆しているが、正直、明治時代の織田完之の将門研究がなければ将門公はもっと埋もれていたと思う。
06-18 16:31

平将門を関東の武士がひとしく神として崇めていたのなら、将門を討った藤原秀郷系の武士団がなんであんなにあるんでしょうね。佐野家とか、小山家・結城家とか、田沼家とか全部藤原秀郷系で、北関東の武士団は秀郷流が非常に多いんですよ
06-18 16:22

関東地方における将門信仰は確かにありますよ。でも、「すべての神社が祀っている」どころか神田明神すら延慶2年(1309年)とかなりあとになって将門公を合祀している位で元々あそこはオオクニヌシ信仰ですよ。神社数で言えば八幡信仰のほうが圧倒的に多いですよ
06-18 16:09

増田投稿は読みました。ひどいねえ。江戸しぐさみたいなものだね。「関東ではほぼすべての神社が平将門を祀っていたほどに力があった。」とか根拠をちゃんと出せと言いたいね。藤原秀郷は居ないことになっているんだろうか。 https://t.co/6Rf5dC2Cbf
06-18 15:57

みんな生活と何の関係もないことで大騒ぎするのが好きだよね。アイドルが結婚しようなんだろうが私の人生には何の影響もない
06-18 15:37

特に福島正則は豊臣家准一門で「豊臣正則」も名乗り、侍従にもなって公家成までしており、関ヶ原戦後は大阪城西の丸受取までやっているので、なぜ彼が徳川家康の風下に平気で立っているのか良くわからない。第二の石田三成になっていた可能性はある。 https://t.co/hYkuaefQ7j
06-18 13:05

この白峰新説には深く敬服しているのだが、一つわからないのは「関ヶ原合戦以前に豊臣政権から排除された徳川家康が、なぜ東軍の豊臣一門の武将よりも権力が大きくなり江戸幕府を開けてしまったのか?」ということ。特に福島正則と小早川秀秋は豊臣一門なのになぜ?
06-18 13:01

特に西軍系の脚色がスゴイようで、白峰先生は「宇喜多秀家と石田三成はすぐに敗走した」と島津家の覚書の類から推定されています。宇喜多秀家って福島正則と互角に戦ったとか島左近奮戦とか誰が考えたんだろう https://t.co/7OehDLSTN4
06-18 11:44

当時の『看羊録』を読むと「家康は東国武士団の長」なんですね。結局豊臣政権は家康を潰すことに失敗し、伊達政宗も残存させてしまった。なお、関ヶ原合戦の西軍は「上方衆」とか「豊臣家」とか当時の史料では書かれることが多く、豊臣政権対徳川中… https://t.co/rZyQVLbOvk
06-18 11:28

関ヶ原の戦いを考える上でポイントになるのは、「家康が天下を取ったのは関ヶ原ではなく小牧長久手の勝利のため」という頼山陽の発言かもしれない。小牧長久手の戦いで徳川方が戦術レベルで勝ってしまい、結局豊臣政権は東国武士団を完全に屈服させられず、徳川家康の権利を認めざるを得なかった
06-18 11:25

私はこれを読んで関ヶ原合戦の見方が本当にガラッと変わりました。これを読んだ後で『当代記』『関ヶ原始末記』『藩翰譜』などの脚色が少ない二次史料を読んでみるとなんとまあ、通説がかなりおかしいんじゃないかと思えてくるんですよ https://t.co/bG01XMyZk3
06-18 11:06

この問題に興味を持たれた方は是非、白峰旬先生の名著『新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い』を読んでみてください!https://t.co/JOJDf4Ris7 https://t.co/mPDg8092Gd
06-18 11:04

白峰旬先生の論文『関ヶ原の戦いにおける石田三成方軍勢の布陣位置についての新解釈-なぜ大谷吉継だけが戦死したのか-』 https://t.co/pXofZRBxiS https://t.co/NFjFWDJJu5
06-18 11:01

疑問視されている点1,この布陣図は明治時代に作られたもので、江戸時代には複数の別の布陣図があった(白峰旬先生に依るとどれも史実を反映しておらず怪しいそうです)2,石田三成が笹尾山に居たという根拠はない。3,西軍が横一線に布陣… https://t.co/ag43bk8VOL
06-18 10:55

関ヶ原合戦のツイートに反応があったので少し書きますが、なんと最近の研究だと、有名なこの布陣図そのものが間違っているのではないか?と言われているようです(白峰旬・乃至政彦・桐野作人の諸氏の説に基づく) https://t.co/291XuriOXc
06-18 10:52

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松平俊介

Author:松平俊介
松平俊介(まつだいら・しゅんすけ)
雑誌ライターやwebディレクターをしております。webデザインからwebマーケティング、ライターまで何でもやっております。これまでに色々なプロモーションを手がけて参りました。過去には週刊SPA!等に関わっておりましたが、現在は「連載JP」(東京産業新聞社)や、neverまとめ(NHNジャパン)を中心に執筆しております。
趣味は街歩きと歴史研究です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR