江戸しぐさを崇める人々

「江戸しぐさ」でググってみると、例のNPO法人「江戸しぐさ」以外にも、江戸しぐさを崇拝する人々が次々に出てきて、寒心に堪えない。その件数たるや約466,000件。
無論その中には杉岡幸徳氏や赤木智弘氏のような、江戸しぐさに疑念を呈している有識者もいるが、
大半は下記のような無批判な礼賛者、崇拝者である。江戸しぐさを使って過去の日本を礼賛するというのは馬鹿みたいだから止めたほうがイイヨ!!江戸時代がいけないとはいわない、上杉鷹山公も小栗忠順公も偉い人である、庶民も中にはおかしいのもいたが大半は穏やかに過ごしていた、根岸肥前の『耳袋』や江戸古典落語の豊穣な世界を見てもわかることだ、で、なんで根拠不明な江戸しぐさなどを元に江戸を礼賛せねばならぬのか?

ねずさんのひとりごと 昔も今もすごいぞ日本人!

有名?なネット右翼系ブログだが、江戸しぐさを全面肯定。語るに落ちた感じである。江戸しぐさの祖・芝三光こ
と小林和雄(和男とも)は「DHQの検閲」関係の仕事をしていたという話をNPO法人江戸しぐさでは述べている。


GHQに勤務
戦後は、英文タイピストだった母親の知人、日系二世の情報将校のコネで、GHQ(連合国軍総司令部)に、しばらく勤務、情報関係のスタッフとして働いた。(中略)当時、GHQ の情報機関の主な仕事は検閲だった。日本語の分かる日系二世のトップの下に、日本人スタッフがついた。その数、6,168人(1947年3月、うち日本人は5,076人)。報酬は皮肉なことに日本の国家予算から支払われた。
言論の自由とは名ばかり。占領政策に対する批判をチェックするもので、マッカーサーGHQ最高司令官の占領政策を影で支えた。個人の手紙はむろん、新聞、雑誌、ラジオなどのマスコミもすべて検閲を受け、統制された。
したがって、この部署で働いた人々は世間をはばかって、自分が働いていたことを隠している人が多い。
http://www.edoshigusa.org/about/genealogy1/02/


DHQの検閲官を崇拝するネット右翼がいるとは思わなかった。ネット右翼ニ告グ。今カラデモ遲クナイカラ江戸シグサ崇拝ヲ止メヨ。オ前達ノ父母兄弟ハ青史ヲ誤ル国賊トナルノデ皆泣イテオルゾ。そうしたら今迄の罪も許されるのである。速かに現在の位置を棄てゝ歸って來い。
(元ネタは例のアレ)

これも保守系とおもわれる「野本松下村塾」http://www1.ocn.ne.jp/~cdl65021/s1-edosigusa.htmもひどい。今カラデモ遲クナイカラ(ry

江戸しぐさ」に学ぶマナー
小学校道徳高学年対象
http://homepage1.nifty.com/TOSS-TSUKUDA/edosigusa1.htm

水からの伝言を道徳教育に使い、酷評されたあのTOSSである。江戸しぐさもやらかしていた。今カラデモ遲クナイカラ(ry
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松平俊介

Author:松平俊介
松平俊介(まつだいら・しゅんすけ)
雑誌ライターやwebディレクターをしております。webデザインからwebマーケティング、ライターまで何でもやっております。これまでに色々なプロモーションを手がけて参りました。過去には週刊SPA!等に関わっておりましたが、現在は「連載JP」(東京産業新聞社)や、neverまとめ(NHNジャパン)を中心に執筆しております。
趣味は街歩きと歴史研究です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR