劉備と劉淵の関係(岩波新書『三国志演義』の誤記?)

井波律子著『三国志演義』岩波新書、1994には、以下の様な記述がある。
「歴史上、たしかに劉淵という人物は実在する。(中略)しかし、この劉淵父子は漢と自称するものの、実は北方異民族の匈奴であり、もともと漢王朝や劉備とは縁もゆかりもない」

縁もゆかりもないというのは少々言い過ぎではないだろうか?
この本は誤りが多い本なのだが、なにしろ大手出版社から有名学者の名前で出ているので影響力が未だに在り、私が先日、劉備と劉淵の話をガジェット通信に書いたところ、「平話の話は虚構でしょう」という声が読者から寄せられた。なるほど、この新書を読めばそう思うと思う。この本は出版年代が古いため、三国志平話の研究も進んでいなかったこともあるし、私どものグループ「解体晋書」が活動を始める前であるから、晋書についても触れられていないのは仕方ないが、それにしても不備の目立つ本だと思う。

まず、三国志平話を論じるに当たり、この本は資治通鑑の当該箇所を見た形跡がないのである。当時の講釈師が資治通鑑をタネ本にしていたことは、この頃でも分かっていたのではないか…なにしろ、三国志演義の版本には「按鑑」(資治通鑑準拠の意味)というサブタイトルがついたものがあることは、かなり古くから指摘されていたはずである。

そして、通鑑にははっきりと劉淵が劉備の甥を称したこと、劉邦・劉秀・劉備を先祖として崇めたことが以下のようにわかりやすく書かれているのである。

通鑑の晉紀(第85卷)晉紀七 《孝惠皇帝中之下》 永興元年条には、以下のようにある。
 劉淵遷都左國城。胡、晉歸之者愈衆。淵謂群臣曰:「昔漢有天下久長,恩結於民。吾,漢氏之甥,約為兄弟;兄亡弟紹,不亦可乎!」乃建國號曰漢。劉宣等請上尊號,淵曰:「今四方未定,且可依高祖稱漢王。」於是即漢王位,〔劉淵,字元海。考異曰:帝紀,李雄、劉淵稱王,皆在十一月惠帝入長安後。華陽國志,李雄十月稱王,一本作十二月。三十國、晉春秋、十六國鈔皆在十月。今從之。〕大赦,改元曰元熙。追尊安樂公禪為孝懷皇帝,作漢三祖、五宗神主而祭之。〔淵以漢高祖、世祖、昭烈為三祖,太宗、世宗、中宗、顯宗、肅宗為五宗。〕

<書き下し>
 劉淵は左國城に遷都す。胡、晉のこれに帰する者愈よ衆し。淵、群臣に謂いて曰く、「昔、漢が天下を有すること久しく長く、恩を民と結ぶ。吾は漢氏の甥にして、約して兄弟となる。兄亡びて弟紹ぐ,また可ならんや!」
 乃ち、建國して漢と号す。劉宣等、尊号をたてまつるを請う。淵曰く、「今、四方未だ定らず、且つ高祖によって漢王を称すべし。」ここにおいて即ち漢王の位につく。
 胡三省の注にいう、〔劉淵、字は元海。〕大赦して,改元して元熙という。安樂公(劉)禪を追尊して孝懷皇帝と為し,漢の三祖、五宗の神主を作りてこれを祭る。注に言う、〔淵は漢の高祖(劉邦)、世祖(光武帝劉秀)、昭烈(帝劉備)を三祖と為す。太宗、世宗、中宗、顯宗、肅宗を五宗となす。〕

 なおこの記述は晋書「劉元海載記」をリライトしたものだが、司馬光の文章がわかりやすいのと、胡三省の注が親切なのとで、こちらを引いたのである。大塚秀高氏の論文には「北魏書にも同様の記述があるが、平話の著者は通鑑と晋書を見たのだろう」と推測しておられる。大塚氏によると、劉備を劉淵が祀る描写は晋書にのみあり北魏書にはないという。確かに北魏書匈奴劉聡伝には劉淵は漢の甥だとしか書かれていない。

 更に言えば、もうこの頃には私がかつて教えていただいた石川忠久先生に依る資治通鑑の抄訳もとっくに完成していたはずであり、そこにも漢主劉淵の記事は出てくるのである。

※石川・他訳『資治通鑑選』平凡社中国古典文学大系所収がそれである。これは通鑑の原文よみをしている人は一度読んだほうがいいと思う。石川先生はNHK漢詩紀行でおなじみだが、大変こなれた素晴らしい訳だと思う。

井波氏は通鑑の中華書局版を参考文献としてあげているが、石川先生の訳本はなぜか参考文献にあげていない。平凡社中国古典文学大系で三国志演義しか参考文献に挙げないのも不思議である。平凡社中国古典文学大系には、正史三国志の訳、本田済先生の『漢書・後漢書・三国志列伝選』があるのだが。しかも、『漢書・後漢書・三国志列伝選』は魯迅の親友である増田渉氏も関係していた本であり、正史の成り立ちについてはこの本の解説部分を読まないで語るのはどうかと思う(この新書の正史の成り立ちの部分は本田氏の本よりもあまり良くかけていないように私には思われる)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松平俊介

Author:松平俊介
松平俊介(まつだいら・しゅんすけ)
雑誌ライターやwebディレクターをしております。webデザインからwebマーケティング、ライターまで何でもやっております。これまでに色々なプロモーションを手がけて参りました。過去には週刊SPA!等に関わっておりましたが、現在は「連載JP」(東京産業新聞社)や、neverまとめ(NHNジャパン)を中心に執筆しております。
趣味は街歩きと歴史研究です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR