江戸川区の仏像

東京にも数多くの仏像があることは、余り知られていない。ただ、最近の仏像ブームや下町ブームの影響からか、書籍も少しづつ出てきたようだ。その中でも良著といっていい、学習研究社の「東京近郊仏像めぐり」を元に、あちこちの古寺を廻っている。今回は江戸川区の古寺の内、五分一不動尊光福寺と、区指定文化財阿弥陀如来を蔵する金蔵寺について、ちょっと書いてみたい。

東京近郊仏像めぐり―日帰りで行ける!東京圏「観仏」ガイド (Gakken Mook)東京近郊仏像めぐり―日帰りで行ける!東京圏「観仏」ガイド (Gakken Mook)
(2009/10)
不明

商品詳細を見る




五分一不動尊 光福寺(江戸川区松島1-9-24)
珍しい立体曼荼羅、五大明王を蔵する寺である。立体曼荼羅というと、京都教王護国寺の21体ある仏像群は大変有名だが、東京でも少なくとも3ヶ所に立体曼陀羅があることは余り知られていない。すなわち品川区の「大井の大仏」こと如来寺の五智如来(大日如来、薬師如来、宝生如来、阿弥陀如来、釈迦如来)と、ここ五分一不動尊 光福寺の五大明王、中野区宝仙寺の五大明王である。そもそも仏像を1体作るだけでもお金が相当かかるので、五体以上作る立体曼荼羅は殆ど作例がない。日本各地を見ても、青森最勝院(五智如来)、奈良室生寺(五智如来)、奈良不退寺(五大明王)等、寥々たるものである。

ここにはその貴重な五大明王がおられるのである。一度お参りしたいものだ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松平俊介

Author:松平俊介
松平俊介(まつだいら・しゅんすけ)
雑誌ライターやwebディレクターをしております。webデザインからwebマーケティング、ライターまで何でもやっております。これまでに色々なプロモーションを手がけて参りました。過去には週刊SPA!等に関わっておりましたが、現在は「連載JP」(東京産業新聞社)や、neverまとめ(NHNジャパン)を中心に執筆しております。
趣味は街歩きと歴史研究です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR