02/14のツイートまとめ

tyuusyo

景表法(景品の上限)を超える「仙台初売り」、風営法(深夜営業規定)を超える「百万石まつり(盆正月)」藩制が現代の法律を越えてしまっている例2つ。
02-14 23:38

もっとも日本の風営法でも「お祭りの日は深夜営業OKな」とか附則を定めたりしているので日本も風習には寛大だったりする https://t.co/KFRaCGeUOp
02-14 23:33

これと同じ文章で喜田は「立派な歴史家と言われる人々の中にも、俘囚は本来日本人であったなどと、史料の誤解から起った窮説を主張してまでも、彼らの蝦夷の種たることを否認せんとしたものが、近頃までもまだ少くありませんでした。」という。ウーム。やはり単一民族説へのこだわりがあったのか。
02-14 23:28

喜田貞吉は更にこんなこともいってる。「内地移住の蝦夷の流れを受けた人々が、初期時代の武士になったことのことに多かったのは疑いを容れませぬ。平安朝頃の武士の理想的風采としましては、鬚が濃く、眼が鋭どいという、アイヌ的容貌の持主」
02-14 23:27

古代史に通じた方なら「大友佐伯は同族」というのはご存知だと思うが、佐伯はアイヌ系とされる部族である。ここからは有名な弘法大師空海が出ており、空海の思想とアイヌ神話とに共通点を見出す説も存在している。https://t.co/McSR4TKYLn
02-14 23:19

これはもちろん大伴家持作『万葉集』巻十八「賀陸奥国出金詔書歌」なのだが、おそらく喜田は「大伴の 遠つ神祖の その名をば 大久米主と 負ひ持ちて 仕へし官 海行かば 水漬く屍 山行かば 草生す屍 大君の 辺にこそ死なめ かへり見は せじと言立て」ということから家訓としたのだろう
02-14 23:14

「アイヌ=蝦夷」とストレートに言えるかどうかはまた別の問題(現在では蝦夷は縄文系とすることが多い 例:瀬川拓郎『アイヌと縄文』)だが、「海行かば水漬く屍、山行かば草生す屍、大君の辺にこそ死なめ、のどには死なじ。」という有名な歌は喜田貞吉は蝦夷の家訓としている。
02-14 23:05

アイヌ民族について発言している保守系言論人の多くが、戦前の皇国史観で『「アイヌ=蝦夷」は天皇の忠実な臣下だった』として「天皇の御為に、またはその主人の為に、最も忠勇なる働きを為すに適当なる民族」とされたことを完全に忘れているようだ。どんなもんだろうな。
02-14 22:59

奨学金返済が完済してやれうれしやと思っていたら今度は親の介護か。一難去ってまた一難だな
02-14 06:59

介護で婚活も出来ないのだが、こんな状況では結婚してなくてよかったと思いますよ。奥さんはたまらないと思うよ
02-14 06:58

続きを読む»

02/13のツイートまとめ

tyuusyo

青空文庫がミヤケンのカミさんの文章で埋め尽くされているのは有名な話で、そのくせ三田村鳶魚(昭和27年(1952年)没)の文章はほとんど電子化されない。また今日もミヤケンの神サンか。いい加減にしてくれと思いますよ
02-13 23:57

青空文庫は、著作権の延長に反対するアピールばかりで、古い作品の電子化が非常にのろいので、もう読む気がしない。作品もやたらに共産党のものばかりで、右派の作品は排除されてるしなあ
02-13 23:51

著作権70年に延長されそうだが、かれこれ2005年(もう13年前なのだなあ)から70年にする話が出て、その度にモメてようやくなるのか、という気がする。古い作品が著作権切れでタダで読めたのでありがたかったがもう流石に潮時だろう。青空文庫ももう随分読んでいない
02-13 23:49

『史学雑誌』の電子化、「我々はパンドラの箱を開けてしまった」とか「う うま うまれたぁ 今宵はめでたきにござる…めでたき日にござる…」とか遂に人類には早すぎたものを開けてしまった感がすごい
02-13 23:24

ちゃんぽんを創始した四海樓の社長・陳平順氏の娘の名は「清姫」だそうだ。きよひーから社長さんは「ちゃんぽんを登録商標すること」を進められたが、「留学生や長崎人にかかわらず大勢の人に食べてもらえたら満足だ」と言ったという。太っ腹!!
02-13 22:25

私はもうそこから離れましたけれども、格差の広がりってのは「高学歴で集まった職場は退屈」などとシレッとのたまう人が自分の差別性を全く自覚していないことがいることでしょうねえ…
02-13 00:27

ド底辺の職場の恐ろしさを知らない人が「高学歴で集まった職場は退屈」などというのです。中卒ホスト上がりとかと一緒に仕事してご覧なさい。恐ろしいですよ。毎日喧嘩、器物損壊、怒号、罵り合い…
02-13 00:25

02/12のツイートまとめ

tyuusyo

おこうこ飯でググったら三平師匠のおかみさんの「かくやのおこうこトースト」が出てきたぞ。https://t.co/mN5lQjv0em「こういうのを本当の遊び人っていうんだ。粋じゃねえか」(酢豆腐より)
02-12 23:46

艦これのファンアートも進化してすごいことになってるな。「萌え化した海老茶式部」(世界観的にははいからさんが通る?)「文明崩壊後の世界で健気に生きる母娘」(世界観的にはシーナSF)「何か良くわからない妖怪カップル」(世界観的には坂口安吾)これらが全部艦これというのがすごい
02-12 23:32

割りと行旅死亡人ではあるケースですね。多分不特定多数の人が集まる仕事で知り合って友だちになって同居していて、他の人に関係を聞かれると面倒なので「私は京子さんの娘なのよ」と言っていたが、実は京子さんが偽名だったというケースではないかなあ https://t.co/EoS1grYpft
02-12 18:42

岩見沢の方はまだ炭鉱労働絡みだろうと思うが、訓子府の方は炭鉱でもなさそうだし、本当に謎である。道路工事?でも冬の2月である。雪が積もっていただろう。
02-12 18:38

こうしてみるとこの頃東北から北海道開拓に出る人が相当いたのだなあ。確か江戸時代の山形の農村の記録でも日雇いの人が相当いたので、そういう人口が北海道に流れたのかもしれない。
02-12 18:37

実は同じ北海道で同じような行旅死亡人公告がもう一つあるのだよな。これは岩手県胆沢郡古城村(現・岩手県奥州市)出身の65歳の労働者の男性で出したのは北海道岩見沢町(現:岩見沢市)。10月24日発病、11月2日死亡、公告は11月30日。手際が良いのは大きな街だからか。
02-12 18:36

つまり出稼ぎの線がどうも見えない。そもそもこの方はなんで秋田から北海道の端の農村に来たのかが分からないのだ。地下足袋を履いているのでなにか土木建設関係の人だと思うが、ここは寒村過ぎて土木建築の需要もあるかと不思議に思う
02-12 18:28

まずこの訓子府村は昭和10年8月の村勢要覧で見ても人口わずか7000人の寒村であり、内陸部なので漁業もあまりなく、農業と酪農以外の産業があまりない。そんなところに出稼ぎに来る用事がまず謎である。しかも冬である。
02-12 18:25

大正十四年十月十四日付の「北海道常呂郡訓子府村役場」の行旅死亡人広告では、現在の秋田県八峰町から来た50歳の労働者の人(他に持ち物もないので出稼ぎ?)が2月1日に旅人宿で客死したので埋葬したから公告する、と実に8ヶ月前の死者の広告が出ている。これが誠に良くわからない。
02-12 18:21

大阪司法記者クラブも記者会見をやらせなかったりするのも良くないですね
02-12 11:17

続きを読む»

02/11のツイートまとめ

tyuusyo

なんと東京キララ社さんの「築地魚河岸ブルース」が取り上げられている! 「このジャンルの雑誌は読まないわ~」という雑誌を探してみんなで見ると盛り上がる - デイリーポータルZ https://t.co/XZHrletsNR #DPZ
02-11 21:47

「大岡越前」は加藤剛版の第三シリーズぐらいまでちゃんと細かい史実を拾って享保の改革の話をやっているので、こっちのほうがよっぽど大河ドラマらしいです。#西郷どん
02-11 20:48

シレッと「大岡越前4」の番宣が流れ、一気に時代劇専門チャンネルみが強くなったな。正直、大岡越前のほうが考証ちゃんとしてるぞ。なにしろ、現代人が突然転生してきて仕事人と戦ってるからな「西郷どん」世界では#西郷どん
02-11 20:47

明らかに女の子のことはどうでも良い感じの表情でしかない西郷どんであった #西郷どん
02-11 20:43

西郷どん「(この子あんまり可愛くないしタイプでもないんだけど、こいつにLOVEとかいわれてもなぁ)」女の子「そんな桜島が火を噴くような顔しないで!」しばふ鑑には興味がないおっぱい星人の西郷どんであった#西郷どん
02-11 20:41

えっ斉彬公が相撲で「ウホッいい男、やらないか」って西郷どんにラブしちゃったのか…そう言えば去年も尻一つで12万石の人がいたしなあ。(どうも違うようです#西郷どん
02-11 20:38

大久保甲東、なんかこれまで空気だったのがようやく役に立ってきたな。(でも今のところおいどんの彼女をけしかける幼馴染ポジでしかないです)#西郷どん
02-11 20:36

いやなんかこれ必殺風だなと思ったんですよ。そしたらいきなり仕事人が出てくるでしょ?もうそういうもんだと思ってみてるんですよ#西郷どん
02-11 20:34

仕事人とか「おかあへのラブぜよ」を除けば史実なのか。 https://t.co/VUCCvkUfj1
02-11 20:32

なに、あの仕事人も藤枝梅安じゃない島津斉彬の手のものなのか! #西郷どん
02-11 20:30

続きを読む»

02/10のツイートまとめ

tyuusyo

秦野リリコ=ミスワカナではないかという説があるんですけど、どうなんだろう。
02-10 23:48

明治大正期の芸人とかでも記録に残っている人は成功者なので、それ以外にドサ回りの結果行旅死亡人扱いだった人は相当な数いると思います。「わろてんか」の広瀬アリスさん演じる秦野リリコも相当成功してますし(史実でこのクラスの人だと竹本八重子こと北野うしさんぐらいしか思いつかない)
02-10 23:29

地番だけ分からなくて住所氏名は判明しているケースが多いので、多分、宿帳とかから拾ってるんだと思う。田舎から出てきた職人や土方が飯場や商人宿で倒れて病院で死亡、みたいなケースが相当あるんでしょうね
02-10 23:21

というより、当時北海道に行く若者って「オラッ北海道に行って一旗揚げてバリバリ稼ぐぜ」みたいなハングリーな人が多かったと思うんですよ。新幹線も何もない状況で愛媛の肉親に連絡しても引き取りに来ないよなあ。肉親もカネないだろうしなあ
02-10 23:17

というより、大正14年に愛媛の34歳男性が北海道の旭川市で死亡しているんですけど、この人、肉親の名前も本籍も全部分かってるんですよね。多分引き取りに行く旅費とかもないと官報公示なのかしら。実は行旅死亡人の葬儀費用は身元がある場合は肉親負担なんですよね。やりたがらないよなあこれ
02-10 23:15

大正時代の行旅死亡人、結構身なりの良い66歳のおじいさんが旅行先の駅で倒れただけで行旅死亡人扱いなので、本当に連絡手段が無かったんだと思いますよ。当時は身分証明書もほとんど携帯してないし。
02-10 23:10

訂正)54歳⇒50歳 お詫びして訂正します
02-10 23:07

昔の文藝春秋のB級グルメ特集で昔のミルクホールが再現されていたのだが、なぜか官報を読むんですよね。今でもコメダ珈琲には新聞は置いてあるけど、なぜか当時は官報。なぜ?と思ったんですけど、当時は官報にしか乗ってない情報があったんですね。
02-10 23:06

大正15年の官報には「福島縣石城郡四ツ倉町(現・いわき市)の54歳の奇術師が北海道の美深病院で脳卒中で急死、カネを持っていないので埋葬しちゃったから心当たりの人は申し出てね」とあるが、これ今だったら簡単に遺族や関係者に連絡付いたろうなあ。当時はスマホもSNSもないしなあ。
02-10 23:02

大正時代になるとNHKの朝ドラに出てきそうな友禅染のキレイな着物をきた19歳の女の子が鉄道自殺をしていたりして、これは精神医学が未発達だった時代の犠牲者だろうなあと思うよ。わろてんかみたいな世界観もあれはきれいなところだけを映しているんだねえ
02-10 22:59

続きを読む»

プロフィール

松平俊介

Author:松平俊介
松平俊介(まつだいら・しゅんすけ)
雑誌ライターやwebディレクターをしております。webデザインからwebマーケティング、ライターまで何でもやっております。これまでに色々なプロモーションを手がけて参りました。過去には週刊SPA!等に関わっておりましたが、現在は「連載JP」(東京産業新聞社)や、neverまとめ(NHNジャパン)を中心に執筆しております。
趣味は街歩きと歴史研究です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR